器の大きい男とは?懐が深くて優しい男性の特徴

気持ちが大きく、優しくて、なんて器の大きな人と思っていたら、ちょっとした仕草や立ち居ふるまいから幻滅してしまった。なんてことありませんか。

包容力がありそうで懐の深くて優しい男性だなっと感じていたのに、実は懐が深いどころか器も小さな男性だったという経験もあるでしょう。

逆に以外と器が大きい、懐が深くて優しい男性だったと、別れた後で気が付くことも。

今回は、器が大きな男性とは、懐が深くて優しい男性とはどうゆう男性かを考えてみることにしましょう。

【スポンサーリンク】

器が大きい男、懐が深くて優しい男性とは

器が大きい男性とは、一般的には、小さなことにこだわらず、ちょっとしたことで喜怒哀楽を表に出さない人と言われます。

懐が深いとは、相撲から発生した言葉で、大きな体格でリーチが長く、四つに組んでもなかなかまわしを取れない相手のことをいいます。

相撲用語から転じて、包容力があって、少々のわがままも気持ちよく受け入れてくれるような人のことをいいます。

女性が器の大きな、懐の深い優しい男性をお付き合いの相手として求めるのは当然です。

男性も器の大きさや懐の深い友達は大切にしたいと思っています。

ここで問題です。器が大きい男、懐が深くて優しい男性とは、男女では見え方は同じなのでしょうか。

そもそも男性からみて、女性を求めているのが見え見えのお世辞ヤロウが器の大きさや懐の深さや優しさを演じているのは、すぐ見分けることができます。

女性が男性に対する接し方をみて、同性として「何演技してんのよ。」と直感的に感じるものと同じです。

チェック!器が大きい男とは

なんでも自分のことを受け入れてくれる。過去を引きずらずに寛容な心をもっているような器が大きな男性を女性が見分けるのはとても困難です。

なぜなら、基本的に男性は女性が好きだからです。好きであれば多少のことがあっても、相手のわがままは気になりません。

何事においても女性には寛容になってしまいます。逆にその男性を見て、女性を見る目がないと他の女性から酷評される男性もいます。

男性は容姿を気にすると思っている女性がいますが、単なるお付き合いや遊びだけの相手ならともかく、本気でお付き合いしたい女性の容姿は気にしません。

同じように、本気でお付き合いしたい女性に対する男性の行動や言葉は、女性にとっては器が小さい、懐が浅く優しさが感じられない男性と受け取られることが多いかもしれません。

それは、本能的に守りたい女性に対しては、言葉も行動も真剣になるからです。どうでもいい女性には寛容になれるのです。

「ヘヤスタイル変えたね。」、「今日のコーディ、センスいいね。」なんていう男性に限って、女性は単なるアクセサリです。

女性のことを真剣に想っている男性は口が曲がってもその様な言葉は出しません。逆に「そのヘアスタイル嫌いだな。」くらい言うかもしれません。

なぜなら、その女性を心から守りたいからです。この様な男性は女性が本当に困っているとき、自分を犠牲にしてでも全力を尽くして助けてくれるでしょう。それが男性の本能です。

チェックポイントは、女性の気を引こうとしている男性です、このような人に器の大きな男性は絶対にいません。

チェック!懐が深くて優しい男性とは

懐が深くて優しい男性は、包容力があります。決して怒ることはありません。

お付き合いしている男性で、その様な男性がいたらさっさと別れましょう。

そんな男性は下心満載です。そもそも本気で生涯の女性として考えている人に対して、なんでも許すことはありません。

もし何かの言動が女性の気分を害したとしても、それは男性としての真の優しさなのです。

そうです。チェックポイントは女性の気分を害することを言えない男です。この様な男性の本性は懐が浅く、うわべだけ優しいとんでもない男性です。

【スポンサーリンク】

女性が求める器が大きな男、懐が深くて優しい男性とは

チェックポイントから分かるように、女性に対して本当に器が大きな男、懐が深くて優しい男性とは、女性が求めているものとは全く違うかもしれません。

真逆な男性かもしれませんし、女性に対して不器用な男性かもしれません。

単なる友達なら表面的に器の大きな、懐の深い優しい男性とお付き合いすればいいでしょう。

一生の相手として男性を選ぶのであれば、外見にこだわり、上昇志向が強い男性は絶対に選ぶのはやめましょう。

本当に器が大きな男、懐が深く優しい男性は、大切な女性を守ることを人生の最大の目的にしています。それが生きがいなのです。それが男として生まれてきた動物の証しなのです。

器が大きな男、懐が深くて優しい男性になるためには

古くはウーマンリブ、現在ではフェミニズムという言葉があります。

女性を大切にすることはとても大事です。これに論理的な理由は必要ありません。女性にとって器が大きな男、懐が深い男性は、動物の本能として引き継がれています。

同時に人間の欲望も引き継がれています。楽をして財産をなし、望むものをなんでも手に入れることができる男性に器の大きな男、懐が深く優しい男性は絶対にいません。

男性の器を大きくするもの、懐を深くして誰に対しても優しくできるような男性になることは簡単です。

求めて苦労することです。楽な環境を求めたり、できるだけ人の情けに頼らないことです。

厳しい現実を受け入れて、もがいて生き抜くことです。

安易な生活を求めないことです。このような生き方を続けていてば、自然と人間としての器は大きく、懐も深く、真に人に優しくなれる男ができます。

王道に近道なし。人生に遅いという言葉はありません。いくつになってもいつから初めても人は変わることができます。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ