たけのこの旬な時期はいつ?京都のたけのこが美味しい理由!

たけのこといえば、たけのこごはんや煮物が美味しいですよね。

あの独特な触感と香りがなんともいえません。たけのこは、他の野菜のようにスーパーに年中出回るものではなく、旬の時期が限られています。

たけのこの旬な時期はいつなのでしょうか。今回はたけのこの美味しい時期と、京都のたけのこが美味しい理由を調べてみました。

良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

たけのこの旬な時期はいつ?

たけのこは成長がとても早く、あっという間に大きくなってしまいます。

たけのこは漢字で「筍」と書きますが、このように成長が早いことから、10日間を意味する「旬」から来ていると言われることもあるくらいです。

たけのこの旬は日本では主に春先で、地面から芽が出かけているものを食べることができます。

たけのこの種類は数種類ありますが、一般的に食べられるものは孟宗竹(もうそうちく)といい、最も美味しい旬の時期は3~4月になります。

たけのこは、土の中から掘った小さいものや採りたてのものはえぐみはほとんどありません。

しかし、切断して時間が経つにつれて固くなりえぐみが強くなります。採ったらなるべく早く調理、下ごしらえを行いましょう。

【スポンサードリンク】

京都のたけのこが美味しい理由

たけのこは、日本では古来より京都市西部から乙訓地域が名産地として有名です。

生産量で見ると福岡を初め、鹿児島、熊本と九州が約7割を占めます。

京都は全国の生産量の約1割ほどですが、その知名度は高く、京都産たけのこはブランドにもなっています。

最高級のものは「白子(しろこ)」と呼ばれ、軟らかく、えぐみが少なく、独特の風味と歯ざわりの良さが特徴です。

この白子は「京都式軟化栽培法」という特殊な方法で栽培されています。

秋から冬にかけての敷きわら、土入れ、除草の作業が重要で、これらを繰り返し繰り返し行い、やわらかな土壌を作り良質のたけのこが生産されます。

こうして手間をかけて作られているので、軟らかく味も香りもいいたけのこができるのですね。

最後に

確かにたけのこといえば、旬が大変短く、春の旬の時期になると大急ぎで裏の竹藪へ採りに行くイメージがあります。

採れたてが一番美味しく、時間が経つと味に変化があるから年中出回ることができないんですね。

京都の最高級たけのこは食べたことがないのでとても興味があります。一度は食べてみたいですね。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =