食べ過ぎて苦しい時の対処法はコレ!嘔吐の必要なくスッキリさせる方法

外食をしたり大好物の食べ物が目の前にあると、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

そして食べ終わって大後悔。。。

食べ過ぎでお腹が苦しく胃もたれして気分も悪くなったり。胃が苦しいと本当に辛いですよね。

これを回避するには、もちろん食べ過ぎないようにすることが一番大切なのですが、食べ過ぎてしまって苦しい時の対処法を知っておくことは重要です。

食べ過ぎてしまうと、最悪吐き気がして嘔吐してしまう場合もあると思いますが、より安全に胃の不快感を和らげる方法をご紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

食べ過ぎた時の対処法

まず食べ過ぎてしまった場合は、なるべく安静にしておくことが大切です。そうすることで消化を助け、気持ち悪さや吐き気などの不快感を抑えることができます。

さらに食べ過ぎてしまったときに以下のものを口にすることで消化を促してくれます。

  • 炭酸水
  • コーヒー
  • 緑茶
  • ガム

これらの食品を取り入れることで消化を助け、食べ過ぎによる苦しさから早く脱出できることがあります。

しかし、苦しいからといって摂りすぎるのも良くありません。

飲み物であればコップ一杯程度、ガムもほどほどにしておきましょう。

【スポンサードリンク】

嘔吐の必要なくスッキリさせる方法

どうしても食べ過ぎてしまうと胃がムカムカして吐き気がし、嘔吐してしまうことがあります。

また、苦しいからと、自ら口に指を突っ込んで意図的に嘔吐する方もいらっしゃると思いますが、胃や食道を痛める原因にもなりますのでやめましょう。

吐き気を抑えてなるべく早くスッキリさせる方法としてツボ押しがあります。

下の図をご覧ください。不容(ふよう)というおなかにあるツボが、おへその位置から指8本分上に上がった左右にあります。ちょうどあばら骨があたる位置になりますので触りながら確認してみて下さい。

body_man

このツボを、仰向けになって押してみましょう。人差し指・中指・薬指の3本の指を使うと刺激しやすくなります。

胃が疲れている場合はここが硬くなっていることがありますので、じっくり刺激していくことで、不調が和らぐことがあります。

最後に

美味しいものが目の前にあると、どうしてもたくさん食べてしまいますよね。

でも食べ過ぎた後の苦しみや不快感を軽減するために一番いい方法は、食べ過ぎないことです。

食べる前、注文する前に今一度自分の身体と相談し、食べる量を考えておくことが大切です。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − three =