お腹が鳴らない方法とは?ツボの対策で効果絶大♪

学校の授業中や仕事の会議中などで、突然「ぐぅ~」ってお腹の音が鳴る経験ないですか?

大好きな人の前でロマンチックな時にお腹が鳴るのは止めたいですよね?対策方法を探している人も多いと思います。

そんな人のために、お腹が鳴らない方法についてまとめてみました。お腹の音を止めるとっておきのツボ対策も全て公開します。

これを読んでお腹が鳴る悩みとはおさらばして下さいね(^^♪

【スポンサーリンク】

お腹が鳴る原因と対策について

お腹が鳴らない方法を知るには、まずは鳴る原因を知る必要があります。

お腹が鳴る原因は主に3種類に別れます。

    1. 胃腸の収縮活動
    2. ガス
    3. 空気

それでは順番に解説していきましょう(^^♪

胃腸の収縮活動ですが、これは空腹時におこります。

血液中の血糖値が下がることにより脳から食事を取るよう合図が出るんですね。空腹時にグゥーっと音が鳴るのは食事をとりなさいと脳が信号を送っているのです。

対策:これに関しましては食事をとるという事が一番です。又、ゆっくり食事をとる時間がない人はウィダーインゼリーや血糖値をあげれるチョコレートは効果絶大ですよ!!

よくテレビ番組でもやっていますが、腹持ちが良い食べ物というのはお腹の音が鳴るのを長時間防いでくれます。
チョコレートも腹持ちは良いですし、お蕎麦もお勧めです。

ガスですが、こちらは満腹時の消化活動や便秘の際に発生します。

胃腸が食べ物を消化する際にガスが発生します。又便秘でも、たまった便から有毒ガスが発生しお腹の音が鳴ります。

対策:おならを我慢しないことです。汚い話になってしまいますが、これは体外にガスを排出する上で最も重要なことになります。

確かに人の目は気になりますので、トイレの中とか、周辺に人がいないところでガスを排出しましょう。

最後に空気ですが、こちらは食事をとる際や、唾を飲み込む際に一緒に空気を飲み込んでしまっていることが原因になります。

唾の中には空気も含まれていますので、飲み込んでしまうことにより小さな気泡が集まってお腹の中で大きな空気になってしまいます。
空気もガスと同じでお腹が鳴る原因になってしまうんです。

対策:とにかく空気を吐き出すこと。例えばゲップもそうですよね。ゲップにより体内の空気を吐き出すことができます。
空気が原因で音が鳴りそうなときは、息を吐きながらお腹を膨らませる。これもかなり効果があります。

後は炭酸飲料をとりすぎないことも大事ですね!

【スポンサーリンク】

お腹が鳴らないツボについて

実はお腹が鳴らないようにするツボというのが身体には存在しています。

これは実際にブログ管理人も実践していますが効果は絶大です!緊急的にお腹が鳴るのを止めたいという人は是非チャレンジしてみてください。

おへその下のツボ

おへそから1センチ〜2センチ下の箇所を2本指で少し強めに押すと、かなり音が鳴るのを抑えることができます。

親指と人差し指の間のツボ

親指の骨と人差し指の骨の間には合谷という箇所があるのですが、そこを強く圧迫します。

goukoku-osikata

ウィダーインゼリーやチョコレートがすぐに食べれない!ゲップやおならも周囲に人がいて恥ずかしいという人は試してみてくださいね。

お腹が鳴らない方法のまとめ

色々書きましたが、要はポイントは4つだけです。

ポイント① 腹持ちが良い食事をとる

ポイント② ゲップやおならを我慢しない

ポイント③ 便秘を改善する

ポイント④ ツボを押す

この4つのポイントを押させることによってお腹が鳴るのは劇的に改善できます。

今回は本当に効果が高い物だけを厳選して選びましたので是非試してくださいね(^^♪

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい調べ物