美味しいステーキの焼き方!フライパンで上手に焼くコツ♪

一見焼くだけで簡単そうなステーキですが、家で焼くとどうも美味しくならないという事がありませんか?

折角の美味しいお肉も焼き方が間違っていると固くなってしまいます。

正しいステーキの焼き方を知って美味しくいただきましょう。

フライパンで上手に焼くコツをご紹介していきます。

よかったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

美味しいステーキの焼き方・下準備

美味しいステーキを家庭でいただくためには、焼くまでの準備も重要です。

まずお肉を買ったらすぐに冷蔵保存し、早めに食べるようにしましょう。

お肉は鮮度が命

お肉は温度変化に弱いので、保存をしっかりとしておくことが大切です。

又、お肉を焼く前は温室に戻しておきましょう。

気温や湿度にもよりますが、焼く30分前までには冷蔵庫から出しておきます。

こうすることで焼いた時に中まで火が通りやすく柔らかい状態でいただけます。

お肉の下準備

ある程度柔らかい状態になったら包丁でお肉の表面に3か所ほど切れ込みを入れます。

このようにお肉の繊維を切っておくことで焼いた後にお肉が縮んで固くなるのを防ぎます。

そして焼く直前に塩コショウで味付けをします。

必ず焼く直前にしましょう。

塩コショウをしてしばらく放置すると肉の旨味成分が流れ出てしまいます。

又、全体へ均一に振りかけることによって焼きムラを防ぎ綺麗に焼くことが出来ます。

これで焼く前の下準備は完成です。

【スポンサードリンク】

フライパンで美味しく焼くコツ

それではいよいよフライパンでステーキを美味しく焼くコツをご紹介します。

焼く前にフライパンをしっかり熱する
・最初は強火で
・焼けてきたら少し弱火にし調整
・裏返し、油を良く回しながら焼き目を付ける

美味しく焼く最大の秘訣は火加減

最初から弱火で焼くと肉の旨味成分が溶け出して美味しく仕上がりません。

又、そのままずっと強火で焼くと今度は焦げ付いて固くなってしまいます。

強火⇒弱火と火加減を調整し、常に目を離さず焼きましょう。

そして焼きあがったら冷たいお皿へ移すことは厳禁です。

アツアツのお肉が冷たいお皿によって急速に冷えると、固くなって美味しさが半減します。

こうならないためにも、鉄板か、温めておいたお皿へ盛り付けて頂くようにしましょう。

最後に

簡単そうに見えて意外とコツのいるステーキ。

折角お家でお肉を食べるなら美味しく頂きたいですね。

下準備からのコツを掴んでおくことで、ご家庭でも柔らかく美味しいステーキを味わうことが出来るはずです。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + four =