ピアスの開け方!痛くないピアッサーの使い方をご紹介♪

耳元のおしゃれに欠かせないピアス。

ピアスは可愛い物も多く、ぜひとも楽しみたいですよね。

そのためには、まずは穴を開けなければいけません。

でもどうやって?痛そう・・

ということで、ピアスの開け方を基本からご紹介します。

痛くないピアッサーの使い方もまとめましたので良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

ピアスの開け方

ピアスを開けるためには何種類か方法があります。

病院やクリニックで開けてもらう
・ピアッシング専門店で開けてもらう
・ピアッサーで開ける
・ニードルで開ける
・安全ピンで開ける

一番簡単なピアスの開け方はどれ?

一番簡単で安心な開け方は病院やクリニックで開けてもらうことです。

特に初めてのピアスの場合は、不安も大きいと思いますので専門医にお任せするのが無難です。

美容外科や皮膚科でしてくれますのでお近くの病院に問い合わせしてみましょう。

ピアッシング専門店で開けて貰う方法もありこちらも自分でやるよりは不安も少なくなります。

お金がかからず、気軽に自宅で出来るものとしては、ピアッサーやニードル、安全ピンで開ける方法があります。

ニードルは針状になったもので、直接穴を開けたい場所へ刺すものです。

ピアッシング専用のものが売られており、サイズも様々です。

軟骨やボディピアスに良く使われます。

安全ピンでピアスを開けるのは危険

安全ピンで行う方もいますが、ピアッシング専用でないものでピアスを開けることはとても危険です。

自分や友人に開けてもらう場合はピアッサーやニードルといった専用器具を使いましょう。

ピアスの開け方の基本的な手順

1.ピアスを開ける場所をよく消毒する
2.開けたい場所にマジックで印をつける
3.ピアッシング器具で穴を開ける
4.ファーストピアスをつける

このファーストピアスは、開けた穴がしっかりと安定するまでつけておきます。

【スポンサードリンク】

痛くないピアッサーの使い方

ここでは、ピアスを開けるときに自宅で簡単に開けられるピアッサーの使い方をご紹介します。

ピアッサーを使う基本的な流れ

1.手を良く洗い、耳たぶを消毒する
2.穴を開けたい部分をマジックで印す
3.ピアッサーで穴を開ける

なるべく痛くないやり方

ピアッサーのサイズをよく選ぶ

太さもですが長さも重要です。耳たぶに厚みがあると、短いものだと足りなくなり、やり直さなければいけなくなるので、事前に確認しましょう。

開けるときはしっかり固定して行う

ピアッサーは集中して行わなければ穴がずれたり、貫通しない、斜めにはいってしまったということが起こります。
そうすると、痛みも伴いますので一発で綺麗に開けるためには、腕をしっかりと固定させ、安定させてから集中して行いましょう。

又、開けた後のケアも痛みを長引かせない為に重要になってきます。

穴が安定するまでは毎日消毒ケアを怠らず、不用意に触ったりしないように気をつけましょう。

最後に

おしゃれを楽しむことの出来るピアスですが、自分で行うと安く手軽に行える分、トラブルも多くなります。

必ず専用器具で行い、説明書をしっかり読んで事前の準備をしてから行うことが大切です。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + seven =