落し蓋の代用はキッチンぺーパーとアルミホイルどちらがいい?

落し蓋は、特に煮物料理をする場合に必要な料理器具です。

でも実際はそんなに出番はなく、家に落し蓋を置いていないご家庭も多いのではないでしょうか。

家に落し蓋はないけど、急遽必要になった場合、代用品を使う手があります。

良く知られているのは、キッチンペーパーとアルミホイルです。これだったらどちらも家にあるという方も多いと思います。

では、落し蓋の代用はキッチンペーパーとアルミホイルどちらがいいのでしょうか?

そのあたりを詳しく調べてみました。どちらを落し蓋に代用しようかと迷っている人は参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

落し蓋とは?

落し蓋とは、調理中の鍋の中に入れる蓋のことで、鍋のサイズより少しだけ小さいサイズのものです。

落し蓋をすることで、鍋の中の材料が固定され、煮崩れすることを防ぎます

また余分なスペースが減ることで、水分が分散されることなく、少ない煮汁と調理時間で調理することができます

味をしっかりしみ込ませ、全体にムラなく味を行きわたらせる効果があります。

一般的な落し蓋は木製のものが多いです。また、金属製やシリコンの落し蓋も使われることがあります。

落し蓋の代用になるもの

落し蓋がない場合、以下のようなもので代用ができます。

キッチンペーパー・・・鍋の中の材料の上に2枚ほど重ねておけば、落し蓋代わりになります

アルミホイル・・・鍋に入るサイズに形成し、数か所穴を空けて鍋の中に入れます

クッキングペーパー・・・アルミホイルと同様に、サイズを形成し、数か所穴を空けることで代用可能です

お皿・・・鍋のサイズより少し小さめのお皿があれば、落し蓋の代用として使うことができます

【スポンサーリンク】

キッチンペーパーとアルミホイルどちらがいい?

落し蓋の代用として多く使われるものは、主にキッチンペーパーかアルミホイルです。

どちらも便利ですが、どちらかというとキッチンペーパーの方が落し蓋の代用にはいいようです。

アルミホイルを使用した場合、煮汁が煮立つときに、軽いので浮いてしまう可能性があります。

落し蓋が浮いたら、落し蓋の間に隙間ができ、効果が半減してしまいます。

キッチンペーパーは、水分を含み重くなるので浮く心配はあまりありません。

最後に

毎日和食を作る家庭では落し蓋は必須ですが、あまり和食を作らない場合は、こうしたもので代用する方が場所も取らず経済的かもしれませんね。

我が家にはシリコン製の落し蓋がありますが、あまり登場の機会がありません。あることすら忘れてキッチンペーパーを使うこともあります。

たまには煮物を作ってみようと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい調べ物



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =