オリーブオイルを飲むと下痢や腹痛になる原因とは?便秘解消には有効?

健康的な油として有名なオリーブオイル。

オリーブの実を絞って得られた植物油ですが、油の成分の中でもオレイン酸という酸化しにくい成分を多く含んだ油です。

このオレイン酸のおかげで、高コレステロールの予防・改善等に効果があり、健康食品としてオリーブオイルが挙げられるわけです。

しかし、このオリーブオイルを使っていると、腹痛を起こしたり、下痢を起こしたりすることもあるようです。

この、腹痛や下痢を起こしやすくする性質と上手に付き合えば、便秘の解消に役立てることができます。

なにより、高齢者の頑固な便秘や、あまり薬を使いたくない子供に対しても安心安全に利用ができるというのです。

そう、あらゆる人の便秘解消に一役買ってくれるのです。

今回は、腹痛や下痢にならないように、オリーブオイルの効果のご紹介と、オリーブオイルを利用した便秘解消法についてご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

オリーブオイルを飲むと下痢や腹痛をする?

オリーブオイルには、オレイン酸という脂肪酸が豊富に含まれています。

このオレイン酸は、胃での消化吸収がされにくく、小腸まで届きやすい脂肪酸です。

小腸まで届いたオレイン酸は、小腸を刺激して蠕動運動を活発化させます。

また、それ自体が潤滑材の役割を果たし、腸の中の内容物の通りをよくします。

これらの効果によって、便の通りがスムーズになるのです。

そのため、オリーブオイルを摂り過ぎたりすると、下痢や腹痛を引き起こすことになるのです。

下痢を引き起こすといっても、一度に大量に摂ったりしないと引き起こしません。

それに日常的に使っていれば、次第に身体も慣れてくるので、下痢を起こしたりすることもなくなってきます。

炒め物で使うくらいでは下痢を起こすようなことはないので、安心して召し上がってください。

むしろ、これからご紹介する便秘解消の効果があるくらいですから、ぜひ積極的に食べて頂きたいです。

【スポンサーリンク】

オリーブオイルで便秘解消!?

お通じをスムーズにさせるオリーブオイルですので、便秘解消にも効果的に働いてくれます。

ドレッシングに使ったり、炒め物に使ったり、ヨーグルトにかけたり食べ方は様々です。

食べ過ぎると下痢を引き起こすという風にお伝えしましたが、炒め物やドレッシングとして使う時は、それほど神経質になる必要はありません。

注意するのは、ヨーグルトにかけたり、直接飲むなどオリーブオイルそのものを食べるような時です。

一日の摂取目安としては、大さじ2杯と言われています。

普段から、口にするものですから、副作用等の心配もないと言っていいでしょう。

そのため、高齢者や子供にも安心して、食べさせることができます。

高齢者や子供の便秘対策に

高齢者の方は、水分の摂取不足や腸蠕動の弱まりなどで、便秘を引き起こすことが良くあります。

子供もストレスや体調不良で便秘を起こしやすいです。

特に、子供が便秘の時はできるだけ便秘薬を使ったり浣腸をしたりせずに、便秘を治してあげたいですよね?

そういった時に、オリーブオイルは大変心強い食品になります。

オリーブオイルの本場ヨーロッパでも、便秘解消に使われています。

方法は簡単。スプーン一杯のオリーブオイルをそのまま飲んだり、ヨーグルトにかけたりして食べるだけです。

この時、値段は高いですが、エクストラバージンオイルを使うのが美味しさ的にも、効果的にも一番です。しかし、特にそこまでこだわる必要はないです。

子供の場合は、半量に減らしてあげて、食べ過ぎないように注意してあげましょう。

オリーブオイルと賢く付き合って便秘知らず!!

今回ご紹介した、便秘解消効果の他にもオリーブオイルには、コレステロール値を下げたり、抗酸化作用があったりと、様々な効果があります。

しかし、始めにも紹介したとおり、オリーブオイルは食べ過ぎると下痢を引き起こすこともあります。

何事も、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

ちなみに、筆者はアヒージョを食べた際、ちょっとだけスープのオリーブオイルを飲んだだけで1時間後くらいに猛烈な下痢になりました。

賢くオリーブオイルと付き合って便秘知らずで過ごしましょう!!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい調べ物



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + nine =