お弁当を続けるコツ!らくらく習慣付けでおいしく節約しよう♪

家計の節約を考えたときに、より効果的で実践しやすいのは食費です。

家計節約の為、これからお昼にお弁当を作って持って行こうと思っている方も多いのではないでしょうか。

お昼代だけでもバカになりませんよね。

しかし、いざやろうと思っても、結構めんどくさいお弁当作り。

毎朝いつもより早起きして作るのは結構大変で、中々続かなかったりします。

そこで今回は、お弁当を続けるコツをご紹介します。

らくらく習慣をつけて、美味しく節約していきましょう。

【スポンサードリンク】

お弁当を続けるコツ

お弁当に限らず、何かを続けるためのコツは、

  • 楽しむこと
  • 習慣をつけること

です。

まず「楽しむ」ですが、お弁当作りを楽しむための工夫として、以下のことを挙げてみました。

  • 自分の好きな弁当箱や箸、弁当包みをそろえてみる

キッチン用品や雑貨屋さんへ行けば、可愛い弁当箱や面白いお弁当グッズが驚くほどたくさんあります。

自分のお気に入りのお弁当を見つけてみて下さい。

以前、お弁当箱を集めるのが好きで、そのためにお弁当を作っているという人がいました。何種類か集めて、日替わりで使うのも楽しそうですね。

  • 作ってみたいおかずや弁当のアイデアになる本を眺める

お弁当のおかずやおにぎりのアイデアを載せたレシピ本もたくさんあります。

お気に入りの一冊をバイブルとして持っておくことをおすすめします。

何を作るか迷ったときに役立ちますし、どれもおいしそうで、眺めているだけで幸せな気分になるかも?

  • 無理をしない

「必ず毎日作らなければ!」と完璧主義になってはいけません。たまには手抜きをしてコンビニ弁当や外食もしましょう。

毎日自分のお弁当ばかりでは飽きるので、作らない日があった方が続きやすいかもしれません。

  • 一週間分の献立を立てておく

お休みの時に、事前に献立を立てておくと後が楽です。

このようにしておくと一日一日悩むことも少なくなるので、毎日のお弁当作りが苦痛ではなくなります。

この時のポイントは、大まかにだけ決めておくことです。

例えば、メインのかずを一品だけ決めておくとか、水曜日はパスタを持って行くといったかんじです。

がっちり決めすぎると、融通が利かなくなり余計に悩んでしまうかもしれません。

【スポンサードリンク】

習慣をつけて美味しく節約しよう

それでは、お弁当作りを習慣化するポイントをご紹介します。

  • 夕食のおかずを一品取り分けて、夜のうちにお弁当に詰めておく

こうしておくと朝の手間が少なくなり、お弁当箱も準備が出来ているので朝の取り掛かりが早くなります。

  • お弁当日記をつける

毎日のお弁当の内容を日記につけたり、写真に撮って保管しておくと、モチベーションが上がります。

「ちょっと疲れたな」という時にこういったものを見てみると、やる気につながります。

  • まずは一週間、試しに作ってみる

いきなり「これから一年間はお弁当を作るぞ!」と意気込んでも、目標が遠くて途中でばててしまいます。

そうならないためにも、とりあえず一週間くらいから続けてみるといいです。

最初は要領もつかめず時間もかかると思うので、「続けられないな」と思ったら、やり方を練り直しましょう。

 最後に

毎日の昼食をお弁当にすると、節約にもなるし、ダイエットにも最適だと思います。

お弁当作りのコツをつかむと、お弁当を作ること自体が楽しくなってくるはずですよ。

無理なく続けて、楽しいお弁当ライフを過ごしましょう!

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − six =