捺印と押印の違い!意味を理解して使い分けましょう♪

部屋を借りるとき、携帯電話を契約するときなど、契約書にサインをしますよね。

このときに、お店の人に「ここに捺印してください」「押印をお願いします」などと言わたりします。

私はどちらかというと、捺印ということばのほうがよく使うし、聞きなれている気がします。

どちらも印鑑を押すということはわかるのですが、捺印と押印は何が違うんでしょうか?

今回はそれぞれの具体的な意味を考えてみようと思います。意味を知って上手に使い分けてみましょう。

【スポンサーリンク】

捺印と押印の違い

捺印(なついん)とは、印章を用いて紙面に印影を残すこと、つまり印判をおすことです。

普段日常的に使われるのは、この捺印ということばになります。また捺印には、その押された印影そのもののことも意味します。

押印(おういん)とは、同じく印章を用いて紙面に印影を残すことを意味します。捺印とは類義語なので、意味としては大きな違いはありません。

1946年に公布された「当用漢字表」に載っている漢字はこちらの押印になります。このことから、法律上では押印を使うようになっています。それまでは、捺印の方が一般的に使われていました。

捺印と押印の違いとは?

・捺印と押印の意味はほとんど同じ

・捺印の方が日常的に使われやすい

・押印の方が当用漢字に登録されている

【スポンサーリンク】

捺印と押印の使い方

一般的に、「署名捺印」、「記名押印」と使い分けます。

「署名」とは、自分の名前を直接筆記用具で手書きすることです。要はサインのことですね。

「記名」とは、自分の名前を直接書くこと以外にも、ゴム印を押したり、代筆、印刷するなど、署名以外で名前を記すことも含まれます。

よって、署名の方が記名よりも確実で証拠力が高いということになります。署名捺印が最強の組み合わせです。

ちなみに「押捺」ということばもあり、これも捺印や押印と同じ意味ですが、はんこを押すという意味以外にも、指紋を押すという意味があります。

押捺なんて言葉は初めて聞きました。指紋を押すことは最近ではあまり見かけないですね。

最後に

基本的には捺印も押印も同じような意味になり、どちらの方が正しいということもないようです。

敬語としてもどちらが丁寧ということもなさそうですが、捺印のほうが「ご捺印」と言えるので、より丁寧になるかもしれません。

署名捺印、記名押印はセットで覚えた方が良さそうですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい調べ物



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =