みょうがの保存法!冷凍のコツと塩漬けレシピについて

みょうがといえば、爽やかな香りとシャキシャキ触感がたまらない夏野菜です。

そうめんや冷奴の薬味として、夏の食卓に欠かせないですね。

しかし、みょうがは一度にたくさん使うことが少ないので、冷蔵庫に忘れられてしまうことも。

今回は、みょうがの保存法をご紹介していきます。

冷凍のコツや塩漬けレシピを確認していきましょう。

【スポンサードリンク】

みょうがの保存法

みょうがの保存方法には、

  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存

の二通りが可能です。

みょうがの冷蔵保存

みょうがを買ってきて、比較的すぐに使う場合は冷蔵保存が便利です。

その場合は、タッパーに水を張ってその中に水洗いしたみょうがを入れておきます。

毎日水を入れ替えるようにしましょう。

保存期間:1週間~10日

みょうがの冷凍保存

冷凍保存をしておけば長期間保存ができます。

冷凍保存の場合は、水洗いして水分を拭き取ったみょうがを保存バッグに入れて冷凍します。

このときみょうが同士を重ねず、くっつかないようにしておくと取り出すに取り出しやすく便利です。

保存期間:2~3か月

【スポンサードリンク】

冷凍保存のコツ

みょうがは刻んで薬味として使う場合が多いと思います。

使う用途が決まっている場合は、初めに刻んでおいてから冷凍保存することをおすすめします。

その場合は、一度に使う分量ずつを小分けにしてラップ等で包んで、それから保存バッグに入れると便利です。

また、一度解凍したものを再冷凍すると味が落ちてしまいます。

なるべく使う分量だけ取り出し、余らせないように使い切るようにしましょう。

みょうがの保存レシピ

みょうがを長期保存するためのレシピをご紹介します。

みょうがの塩漬け

(材料)

  • みょうが 適量
  • 塩 適量

(作り方)

みょうがをしっかり水洗いし、水分を拭き取っておきます。

消毒した保存容器に、みょうがと塩を入れて冷暗所に保存します。塩は多めに入れておけば、半年は使うことができます。

みょうがの醤油漬け

(材料)

  • みょうが 適量
  • 醤油 適量

(作り方)

みょうがをしっかり水洗いし、水分を拭き取っておきます。

消毒した保存容器に、みょうがと醤油を入れて冷暗所に保存します。みょうがは千切りしておくと味が染み込みやすくなります。

最後に

暑い夏の日にみょうがを食べると、スッキリ爽快感がありますよね。

みょうがには食欲増進効果もありますので、夏バテ気味のときにもおすすめです。

薬味の他にも味噌汁や天ぷらなどにも使えますのでたくさん保存して効率よく使っていきましょう。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − thirteen =