枕の高さをバスタオルで調整!肩こりや腰痛を撃退しよう

枕の高さって中々難しいですよね。

枕を変える時は特に慎重にならないと、少しでも間違えると肩こりや腰痛などの原因になってしまいます。

それ以外にも、使用している間に枕の高さが変わってしまい自分の身体に合わなくなることも。

そんなとき、簡単に枕の高さを調整できる方法があります。それはバスタオルを使った枕です。

バスタオル枕で肩こり、腰痛を撃退しましょう。

【スポンサーリンク】

枕の高さを調整する方法

バスタオルを使って枕を作り、自分に合った高さに調整していきましょう。

作り方はとても簡単です。

(用意するも)

  • 大き目のバスタオル1枚
  • ハンドタオル2枚
  • 輪ゴム2個

(作り方)

  1. バスタオルを半分に折り、さらにもう半分に折ります。
  2. 長方形の長さが短い方を端からクルクルと巻いていきます。
  3. 巻いたときの太さは、こぶし1個分を目安にします。巻き終わったら両端を輪ゴムで留めます。
  4. ハンドタオルを2枚重ね、3の巻いたタオルの下に置き、半分に折ります。
basutaoru

これでバスタオル枕の完成です。バスタオルを巻くときはしっかりときつめに巻きましょう。

バスタオルを巻く時に高さが決まるので、自分の首で確かめながら調整することが出来ます。

実際に使う時は、ハンドタオルがない方を首に当てます。

【スポンサーリンク】

バスタオル枕で肩こり、腰痛撃退!

睡眠中は常に枕に依存していますので、枕はとても重要です。

高さのありすぎる枕は、首から肩にかけての筋肉が引っ張られて緊張状態が続き、肩こり首こりの原因になります。

また、低すぎても首に余計な力が入り傷めたり安眠の妨げになります。

さらにこのように枕が高すぎたり低すぎたりで首を傷めると、腰痛の原因になってしまいます。

高さを調整し自分の首に合ったバスタオル枕を使えば、首の負担が減り肩こり腰痛の軽減につながります。

枕の高さは、平均で男性が約4cm、女性が約3cmです。

しかしこれはあくまでも目安で、人によってベストな高さは違いますので、自分で試しながら調整することをおすすめします。

このように自由に調整できることからも、バスタオル枕はベストな枕です。枕が合わない・首や肩、腰が慢性的に痛いという方はぜひ試してみて下さい。

最後に

バスタオルを使った枕であれば高い枕を探す必要もありませんし、ホテルなど外出先で枕が合わない!という時にも簡単に作ることが出来ます。

基本の作り方をマスターしておけば、いざという時にも安心ですね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役にたてたのなら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい調べ物



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + sixteen =