切手をはがす方法!冷蔵庫を使って簡単再利用

切手を間違えて貼ってしまった経験はありませんか?

「切手の種類を間違えた!」「封筒を書き直したい!」

そんなとき自力ではがそうとすると、ほとんどの確率で破れてしまいますよね。

どれだけ慎重にはがそうとしても、しっかり貼りついた切手は中々はがれてくれません。

そんなとき、きれいに切手をはがす方法があることをご存知ですか?

冷蔵庫を使えば、間違えて貼った切手も簡単に再利用できるんです。

その他にも切手をはがす方法はたくさんありますので、ご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

冷蔵庫を使って切手をはがす方法

はがしたい切手と封筒を冷蔵庫にそのまま入れて、20分程置いておきます。

こうすると、取り出すときには簡単にはがれるようになっています。

これは、冷蔵庫の中の湿度が関係しています。

冷蔵庫の中は外の空気よりも乾燥しているので、その中に入れることで、切手のノリ部分がパリパリに乾燥し、はがすことができるというものです。

これだととっても簡単にできますね。切手や封筒が冷蔵庫の中で汚れないように注意しましょう。

他にはどんな方法があるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

切手をはがす方法いろいろ

 ・アイロンを使ってはがす方法

間違えて貼った切手の上に、湿らせた布を乗せ、その上からアイロンをかけます。

しっかり乾燥するまで熱をかけることで、はがれやすくなります。

・電子レンジでチンする

間違えて貼った切手を封筒ごと切り取ります。(切手の大きさに)

これを水に30秒ほど浸したあと、電子レンジで30秒チンするだけで、ぺろっとはがれます。

・ドライヤーを当てる

ドライヤーの場合も、先に水に浸して濡らした後、ドライヤーの熱で乾かします。完全に乾くころには切手がきれいにはがれます。

・やかんの蒸気に当てる

沸騰したやかんの蒸気に、切手を当てるとはがれやすくなります。

・そのまま使う

切手は消印がなければ再利用ができます。

ですので、切手部分を切り取って、台紙が付いたまま新しい封筒に張り付けても問題ありません。

その場合、見栄えがあまりよくないので、自分への返信用などとして使うと良さそうです。

最後に

この中でも、冷蔵庫が一番簡単そうですね。入れて放置するだけでいいので、もし間違えて貼ったら試してみてください。

切手以外にも印紙などにも活用できそうです。

これらの方法でうまくいかなかった場合、郵便局へ行けば手数料は取られますが、新しい切手と交換してくれます。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + ten =