壁の落書きの消し方!鉛筆やクレヨンをきれいに消すコツ♪

小さなお子さんがいる場合、ちょっと目を離した隙に部屋中の壁に落書きが!

なんてことがよくあると思います。

賃貸の部屋を借りている場合なんかは、笑いごとでは済まされないような事態になることもあり、悩んでしまいますよね。

そこで今回は、壁についた落書きの消し方をご紹介します。

鉛筆やクレヨンで思いっきり描かれた壁はきれいに元通りになるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

壁の落書きの消し方・鉛筆の場合

真っ白な壁紙に鉛筆の線があると、「やられた!」とつい思ってしまいますね。

その場合、まずは消しゴムを使って試してみましょう。

そんなに濃くない落書きであれば、消しゴムで優しく擦ればきれいに消える可能性があります。

もしそれでも消えないような濃い線であれば、キッチン用のクリームクレンザーをおすすめします。

これを柔らかいスポンジ等に付け、優しく擦ってみましょう。

最後に固く絞った雑巾で拭き上げると、きれいに鉛筆の落書きが落ちると思います。

【スポンサードリンク】

壁の落書きの消し方・クレヨンの場合

クレヨンの場合は、中々頑固で鉛筆よりもさらに落ちにくく、へこんでしまいますね。

でも諦める前に試してみましょう!

こちらもまずは、消しゴムやクリームクレンザーで擦ってみましょう。

これだけでも意外とすんなり落ちることがあります。

あまり強く擦ると、壁紙が破れたり傷つく可能性があるので、優しく優しく擦ることが重要です。

また、ゴシゴシ上下に動かすよりも、トントンと叩くように汚れを落とすようにすると、破れる心配もありません。

汚れた水分が下に落ちるとさらに汚れる原因になるので、雑巾を必ず置いておきましょう。

それでも落ちない場合は、ドライヤーを壁の汚れた部分に当て、そのあとクレンザーで汚れを落とす方法も有効です。

クレヨンは油を含んでいるため、熱によって溶けやすくなります。

油分を浮き出す方法として、クレンジングオイルを使うという手もあります。この場合、シミになりやすいので、少量を少しずつ優しくつけて汚れを落とすようにして下さい。

また、クレンザーの代わりに、歯磨き粉で擦る方法もあります。

 最後に

こうした壁の落書きを落とす方法は、落書き以外にも、調理中に付いた食べ物や調味料などの汚れ、たばこのヤニなどの汚れ落としにも効果的です。

家にある身近なもので意外と簡単に落とすことができますので、一度試してみて下さい。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 12 =