重曹とクエン酸を混ぜると掃除の裏技液体が完成?ピカピカになる秘訣!

重曹とクエン酸って食用として使われることもありますけど、じつは混ぜると万能なお掃除用の洗剤として使えるってご存知でしょうか?

色んな洗剤を色々と買いそろえる必要もなく、とっても安くできちゃうので、大掃除の時にも大活躍します。

今年の大掃除はぜひ、重曹とクエン酸でエコで便利なハウスクリーニングをしてみましょう。

【スポンサーリンク】

重曹とクエン酸を混ぜるとどうなる?

重曹は弱アルカリ性、クエン酸は酸性なので、それぞれを別の汚れに使うことが基本です。

例えば油汚れ、コンロや鍋の焦げつき、手垢、生ごみの臭いなどにはアルカリ性の重曹で落とします。

対して、水垢や石鹸カス、トイレの黄ばみやたばこのヤニ、まな板の除菌などには酸性のクエン酸を使います。

それぞれの特徴を生かせば、家の中のほとんどの汚れを落とすことができるんです。

では、重曹とクエン酸を混ぜて使う掃除はどんなところなのか?

それは頑固で落ちにくい汚れには混ぜたり、交互に使用することで驚くほどキレイになるんですよ。

排水溝の汚れや臭いなど、専用の洗剤を使わないとキレイにできませんよね。

それが重曹とクエン酸でキレイになるんです。

重曹とクエン酸を混ぜた発砲パワーで、悪臭のもとになる排水溝の汚れもスッキリ落とせるなんて、ほんとに万能で便利なコンビでしょう。

重曹とクエン酸を使った掃除のポイント

重曹とクエン酸を別々に使ったり、混ぜて使ったりすれば、掃除の用途には家の中のほとんどの場所で使えます。

食用としても使える重曹とクエン酸なので、お子様やペットがいるご家庭でも安心です。

【スポンサーリンク】

水回りの掃除に

水道の蛇口の部分など、水回りの汚れで落ちにくいのが頑固な水垢です。

水垢の掃除にはクエン酸と重曹を使います。

粉のままのクエン酸を水垢の部分にふりかけて、水を少しかけて濡らして数時間放置しておきます。

そこに重要と水をかけると泡立って水垢が浮いてくるので、歯ブラシなどを使って落とします。

お風呂掃除に

お風呂掃除には重曹とクエン酸を両方使用します。

まずはバスタブに半分くらいのお湯(残り湯でOK)を入れてそこに重曹をカップ1杯溶かします。

その中に洗面器などを浸して数時間放置します。

壁や床などの掃除にはクエン酸水を使います。

クエン酸水は100mlの水にクエン酸をスプーン1杯入れて混ぜれば完成です。

市販のスプレーで作っておけば使いやすいですよ。

最後に排水溝に重曹を振りかけ、そこにクエン酸水を作ってかけれ5分~10分放置して流せば終了です。

洗濯機の掃除に

洗濯機の槽の掃除には重曹とクエン酸をそれぞれ使います。

洗濯槽クリーニングの機能があれば、それに沿って重曹とクエン酸で掃除します。

皮脂汚れやホコリや糸くずなどには重曹が石けんカスなどにはクエン酸が効果があります。

ただし、洗濯機によっては使用できない場合があるので、取扱説明書で確認してください。

まとめ

重曹とクエン酸を使って家じゅうピカピカにできるので、掃除アイテムの購入費用も節約できます。

ホームセンターで売っている重曹とクエン酸は、大容量で安価なので、たっぷり使えてコスパも良いです。

ここに紹介したほかにも、トイレ掃除や換気扇やガスコンロの掃除にももちろん使えます。

試してみてはいかがでしょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい調べ物



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − twelve =