飛行機で耳抜きをしても治らない?子供や赤ちゃんでも簡単にできる方法を紹介♪

飛行機に乗ると耳が痛くなる人と、全然痛くならない人がいるみたいですね。

これは体質の違いのようなんですが、私は毎回激しい痛みに襲われ、飛行機に乗るのが怖いです。

耳が痛くなった時の対処法として様々な方法がありますが、それでも治らない場合も。

そこで今回は、飛行機で耳が痛くなった時の対処法をご紹介します。

子供や赤ちゃんでも簡単にできる方法を知って、飛行機での移動を楽しく過ごしましょう!

【スポンサードリンク】

飛行機で耳抜きをしても治らない場合の対処法

飛行機に乗っている時に耳が痛くなる原因は、飛行機の離着陸による急激な気圧変化です。

気圧が急に変化することで、中耳と外側の圧の平衡を司る耳管の機能が上手くいかなくなり、耳が痛くなります。

これは航空性中耳炎といい、急性中耳炎の一種になります。

このようになった場合の対処法として耳抜きがあります。よく実践されている耳抜きは、

  • 飴をなめる
  • 唾をのみ込む
  • あくびをする

といったものがあります。

しかし、これらのことを試してみても全く効果がない場合があります。実際に私も飛行機の中で必死に試しましたが、耳の痛みは治らず、次の日まで頭痛で悩まされることもしばしば。

そんな私が効果のあった方法は「バルサルバ法」です。

名前だけ聞くと難しそうですが、とても簡単な方法です。

鼻をつまみ、口も閉じて、 息を吐きます。鼻や口から空気が漏れたら意味がありませんので、しっかり閉じましょう。

こうすると、耳の中に圧がかかるのがわかると思います。

これを繰り返し行うことで急激な気圧の変化に負けず、耳が痛くならなくなります。

ポイントは、

  • ゆっくり空気を入れること。思いっきりやると余計に痛くなることがあります。
  • 痛くなってからではなく、痛くなる前からしましょう。飛行機が角度を変える前から準備しておきます。
  • バルサルバ法をしながら、交互にあくびをしたり唾を飲むなどを交えて下さい。

バルサルバ法を覚えたことで、頭痛がするまで痛くなることはなくなりました。

他の耳抜きで治らない方は試してみて下さいね。

【スポンサードリンク】

子供や赤ちゃんでも簡単にできる方法

飛行機に乗っても耳が痛くなる人と痛くならない人がいます。

これは人によって耳の中の構造に差があり、急な気圧の変化に対応しやすいかしにくいかで違います。

特に子供や赤ちゃんは、耳の中の構造が小さく空気が通りにくいことから、飛行機に乗ると耳が痛くなる傾向があります。

そんな小さい子供や赤ちゃんには、飛行機の離着陸時には飲み物を飲ませてあげましょう。

また、飴やガム、軽めのおやつを持って行き、食べさせてあげることもおすすめです。

飲み物や食べ物を喉に飲み込ませることが大切です。

また、耳が痛くなると辛くて泣いてしまうこともありますよね。

そうなると可哀そうですし、周りの人の目も気になります。そんな時は、お昼寝の時間をずらして、飛行機の中で寝させてあげるように工夫してみましょう。

 最後に

風邪や花粉症、寝不足などの症状がある時は、特に耳が痛くなりやすくなります。

なるべく飛行機に乗る前に体調を整えることも大切ですね。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 18 =