偏頭痛の原因は女性と男性で違う?ストレスとの関係性について!

偏頭痛で悩む方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。一度痛くなると何も手を着けられなくなり辛いですよね。

頭痛は子供から大人まで、男性女性関係なく幅広く多くの人が悩む症状の一つです。

しかし、実は偏頭痛の原因は女性と男性で違うそうです。また、ストレスとの関係性も深いようです。

今回は偏頭痛のしくみについて紹介します。偏頭痛に悩まれている方はぜひ参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

偏頭痛の原因

繰り返し起こる頭痛には、大きく分けて「偏頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3種類があります。
この3種類の中で最も多いのが「偏頭痛」です。

偏頭痛の原因ははっきりしていませんが、脳血管の周囲に分布する三叉神経が痛みの原因とされています。

何らかの刺激によって三叉神経が刺激され、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつ様々な神経伝達物質が分泌されます。 それらの働きで拡張した血管や、それによって発生した炎症が神経を刺激して痛みが起こるといわれています。

女性に多い頭痛と男性に多い頭痛

女性に多い頭痛は、偏頭痛になります。偏頭痛の引き金のひとつとして女性ホルモンの変化があげられます。

女性ホルモンが変化することによって、上記のように神経の刺激が起こるとされています。生理前後や妊娠初期に頭痛になりやすいのもこういった理由からだと言われています。

反対に男性に多いのは「群発型頭痛」とされています。特に20~40代の男性に多いようです。

原因ははっきりとしていませんが、目の奥にある脳に栄養を送る太い血管「内頸動脈」が何らかの理由で異常拡張、興奮するために発症すると考えられています。飲酒や喫煙が引き金になることがあります。

【スポンサードリンク】

頭痛とストレスの関係

慢性型の頭痛の場合は、いずれもストレスが深く関係しているとされています。

偏頭痛の場合は、ストレスから解放されほっとしたときになりやすいと言われます。

また緊張型頭痛は、精神的・身体的ストレスによりくびの筋肉が緊張することによって起こるとされ、頭痛予防にはストレスを溜めないことが重要になってきます。

最後に

慢性的な頭痛の3種類のうち、2種類の頭痛を引き起こす合併症もあります。

まだまだ頭痛に関しては原因が解明されていない部分が多く、頭痛で悩む方は不安ですよね。

しかしストレスを溜めないように工夫することで頭痛が軽減する可能性があるので、日頃ストレスを感じることが多い方は、リラックスすることを心がけてみるといいかもしれません。

頭痛はこういった慢性型頭痛のほかにも重要な脳の病気の可能性もありますので、ひとりで判断せず、しっかりと病院で検査をしてもらうことが重要になります。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − nine =