Facebookの足跡は友達以外にもバレルの?仕組みを徹底解説!

Facebookを利用している人が感じているメリットは、従来のSNSと同様に友達や職場の同僚などと交流を深めることができることにあります。

しかもFacebookでは実名で登録することが基本的なことになっているのも他のSNSよりもリアルなコミュニケーションが取り合えることが魅力です。

ところが、実名登録が基本となっているだけに、何かトラブルのきっかけが起こると厄介なことになるという不安を感じている人もいるのでは?

事実、友達以外の人に足跡がついてしまうのでは?というウワサがあり、Facebookが否定していてもそのウワサが消えることはありません。

どうして友達以外の人に足跡がつくと困るのか、その原因は人それぞれですが、不安点は解消しておきたいですよね。

安心してFacebookを楽しめるように、足跡の機能について探ってみます。

Facebookを使用していることが友達以外に知られたくない人は良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

Facebookの足跡を確かめる方法

Facebookには足跡機能というものは存在していません。

足跡機能で有名なSNSと言えばmixiですが、こちらでは実名登録が基本ということはありません。

生年月日や出身校など設定することができるので、知り合いを検索する方法としてはFacebookと比べるとかなり困難です。

Facebookはもともと、大学の校内だけのSNSとして誕生したものなので実名登録することが基本となっているんですね。

現在のところ、Facebookに足跡機能と呼ばれるようなものは存在していません。

そのため、足跡を確認する方法はありませんから、心配する必要はないと思います。

Facebookの足跡を友達以外でチェックする方法

Facebookには公式に足跡を確認する機能は存在していませんが、非公式のアプリ「My Top Fans」を利用することで友達の訪問履歴から訪問回数が多い人をランキング形式で確認することができます。

しかしこれはあくまでも友達として登録している人だけに使えるアプリなので、友達以外の人の足跡をチェックすることはできないんです。

友達以外のページを訪問した、または友達以外の人に自分のページを見られたことを足跡で確認することはできません。

友達登録しているとしても、特定のアプリを使わないと閲覧状況を確認することはできないのです。

【スポンサードリンク】

Facebookに足跡機能があると困る理由

実名で登録することでメリットも多いFacebookですが、そこに足跡機能があるとどうなるでしょう。

実名で登録をしている人が多いので、足跡が簡単に確認できるようになると悪用される可能性があります。

ネット社会になり、詐欺などの犯罪は後を絶ちません。

トラブルを警戒するためにも訪問履歴を誰でも簡単に確認できる足跡機能は怖い部分があります。

それに、これは世界的にも問題視されていることですが、SNSが原因になる離婚トラブルは急増してしまいました。

SNSの中でも実名登録が基本のFacebookでは、昔の恋人や初恋の人を見つけやすくなるからです。

全く知らない人と出会う可能性もあるSNSですが、懐かしい人と再会できるところでもあるのです。

足跡機能があると、気になる人のページを頻繁にチェックしていることが丸見えになってしまいますから、色んなトラブルのケースを想定してみると、無い方が安心できると思います。

Facebookを正しく使えば楽しく世界中の人とコミュニケーションできます。

自分の世界を広げるきっかけにもなるので、上手に活用していきましょう。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + twelve =