カフェインの効果と飲む時間帯について!副作用に注意

眠いときにカフェインを摂ると眠気覚ましに効果があるという話は有名ですよね。

カフェインの効果って他にもたくさん耳にしますが、実際のところどうなんでしょうか。

飲む時間帯によっても違いがあるようです。また、飲みすぎると副作用が心配です。今回はカフェインについて調べてみました。よかったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

カフェインの効果

カフェインの効果として一番よく知られているのは、覚醒作用、鎮痛作用です。

覚醒作用・・・眠気覚ましに効果があり朝の寝起きや徹夜作業時、車の運転時などに効果があります

鎮痛作用・・・頭痛薬や風邪薬などに活用され、痛みを鎮めてくれます

他にも以下のような効果があります。

ダイエット効果・・・カフェインが身体の基礎代謝を高めて脂肪燃焼を促進します

病気のリスクを下げる・・・脳卒中の発病リスクを低下させます

これ以外に、疲労回復や集中力を高めるなどの効果があります。

飲む時間帯について

カフェインが脳に届くまでの時間は約30分だそうです。

なので、昼食前の15分前にコーヒーを飲むと午後から眠くなりにくいようです。

また、効果が持続するのは8~14時間程度とされています。脂肪燃焼効果は3時間程度とされていますので、運動する前に飲むと効果的です。

【スポンサードリンク】

カフェインの副作用

カフェインをたくさん摂りすぎると身体に悪影響があるようです。代表的な副作用は以下のとおりです。

利尿作用・・・腎臓の血管が拡張されることで尿量を増加し排泄を促します

胃に負担・・・胃液の分泌が促進されることによって胃痛を引き起こすことがあります

貧血を起こす・・・鉄分の吸収を阻害するため貧血になりやすくなります

また、良い効果であげた覚醒作用により、不眠状態に陥ります。他にも体が震えたり、不安な気持ちが増大し、めまいや虚脱状態になります。

妊娠中の人がカフェインを摂ると、流産や早産、低出生体重児の原因になると考えられています。

最後に

カフェインの代表例はコーヒーですね。他にも紅茶や緑茶、チョコレートやココアなど意外とたくさんあります。

コーヒーなどはついついいっぱい飲んでしまいますが、飲む時間帯や量を少し意識して上手に摂取した方が良さそうですね。

どうしても飲みたい場合は、カフェインレスのコーヒーなどがあるのでこういったものを利用するのも手です。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

4 件のコメント

  • […] カフェインの効果と飲む時間帯について!副作用に注意 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    nineteen − five =