赤ちゃんの便秘解消の食べ物は?何日まで出なくても大丈夫?

赤ちゃんは成長してくると母乳やミルクではなく離乳食を食べ始めます。

そうすると、今まで母乳で水分や栄養を取っていたので便秘にならなかった赤ちゃんですが、ミルクを飲んでいた時よりも水分を取らなくなったり、出てくる便が固くなってしまうため、便秘になってしまうことが多いようです。

そんな赤ちゃんのための、便秘解消のための食べ物はあるのでしょうか?また、大体何日まで出なくても大丈夫で、何日排便がないと便秘なのでしょうか。

赤ちゃんの便秘、便秘解消はお母さんがしっかりと感じ取らなくてはいけませんよね。

ここでは『赤ちゃんの便秘解消の食べ物や、何日まで排便がでなくても大丈夫なのか、またその対象方はどのようなものがあるのか』ということをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

便秘解消の食べ物まとめ

便秘解消の食べ物

  • 腸の流れをよくする食べ物
  • 整腸作用のある食べ物
  • 便の量を増やしてくれる食べ物

【腸の流れをよくする食べ物】

例)オレンジ、プルーン、ニンジン、トマト

赤ちゃんの便を柔らかくし、腸の流れをよくすることで便秘解消を促すことができます。

プルーンやオレンジはヨーグルトに入れて、ニンジンやトマトはスープにして食べさせてあげると良いでしょう。

また、にんじんやトマトは「ペクチン」という成分を多く含んでいるため、特に効果があると言われています。

【整腸作用のある食べ物】

例)りんご、ヨーグルト、納豆、オリゴ糖

これらの食品は腸の調子を整えて活性化してくれる働きがあります。

特に、ヨーグルトとオリゴ糖の相性は抜群です。また、先ほど紹介したプルーンをヨーグルトに混ぜると効果はより一層期待できるようです。

【便の量を増やしてくれる食べ物】

例)イモ類、豆、海藻類、キノコ類、バナナ

便の材料となる食物繊維を作ってくれる食べ物です。

特にバナナは、栄養と食物繊維を多く含んでいますから、焼いたり食べやすいように潰したりして食べさせてあげると効果的です。

赤ちゃんの便秘事情も大人の便秘事情も、基本的には一緒なのです

水分不足や栄養分の偏りがあると、大人も便秘になりがちですよね。赤ちゃんも一緒なのです。

大切なことは就寝、遊び、お風呂などの時間を規則正しく管理してあげつつ、栄養バランスの取れた食事を作ってあげることで、最初は慣れなくて難しいかもしれませんが、段々と赤ちゃんも自然に排便ができるようになってくるでしょう。

赤ちゃんは何日便が出なくても大丈夫?

赤ちゃんがミルクから離乳食に変わると、便は固くなってきますし一日の便の回数も変化してきます。

ちょっと量が減ったり排便がなかったりするとお母さんは気になってしまうものですよね。

ですが、この日数排便がないと便秘になるよ!という具体的な定義はないのです。

なぜなら、赤ちゃんにも体質などがあるからです。1~2日排便がなくても元気な赤ちゃんや、1日出ないだけで体調を崩す赤ちゃんもいます。

なので一概にこの日数出なかったら便秘、というのではなく、よくご自分の赤ちゃんを見て、体調管理をしっかりしてあげることが大切になってくるのです。

赤ちゃんの場合体も中身もまだまだ発達の途中です。なので、ちょっと便が固くなってしまうと力むことが難しく、すぐに便秘に陥りやすいのです。

そうなると、数日の排便がなかったとしてもおなかが張ったり、食欲が落ちる、便が固くなりすぎて痔になるなどの他の症状も引き起こしかねませんので、その前に対処していく必要があります。

赤ちゃんの便秘解消は改善できます!

赤ちゃんが便秘になる原因は、食生活、生活習慣、運動不足の3つが挙げられます。

赤ちゃんの体質をしっかり理解しながら、食生活や生活習慣を見直し、自分で動くことのできない赤ちゃんのために、運動不足を感じたときは足を動かしてあげたり、お腹の周りをマッサージをすることで便秘解消を促すとよいでしょう。

では具体的にどのようなマッサージが効果的なのか、その方法も紹介します。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの便秘解消のためのマッサージまとめ

赤ちゃんの便秘解消のためのマッサージ

  • ゆらゆらマッサージ
  • 「の」の字マッサージ
  • 肛門マッサージ

【ゆらゆらマッサージ】

このマッサージは、赤ちゃんのおなかにガスが溜まっているときに有効なマッサージです。

仰向けに寝かせた赤ちゃんの両脇にじんわり温めた手を当てて、5~10回ほど左右にやさしく揺らしてあげましょう。なるべくご飯を食べた直後は避け、赤ちゃんが落ち着いているときにしてあげると良いでしょう。

【「の」の字マッサージ】

このマッサージは大腸の動きをよくし、排便を促してくれるマッサージです。

仰向けに寝かせた赤ちゃんのお腹に、温めた手でひらがなの「の」をゆっくりと書きます。そうすることで赤ちゃんの大腸の通り道が活性化し、排便を促してくれるのです。

【肛門マッサージ】

このマッサージは。直接赤ちゃんの肛門を刺激することで排便を促す効果があります。

やり方は、赤ちゃんを仰向けに寝かせ、両足を持ち上げます。そして肛門周りを指でゆっくりと押してあげましょう。そうすることで排便を促すことができます。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんの便秘解消の食べ物は、ミルクから離れたことで起こる水分不足や腸の働きを促進してくれるものが効果的でした。

また、便秘は何日なら大丈夫か?というところでは1~2日であれば様子を見つつ、しっかり赤ちゃんの体調を見ながらマッサージや生活習慣を見直していくことで便秘やそれから起こる他の症状へも対応していくことが必要でした。

赤ちゃんとよく向き合い、便秘の解消でより元気に過ごせるといいですね。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =