アスパラの下処理!レンジで簡単に茹でるコツをご紹介

色んな食材と相性のいいアスパラガスは、サラダやパスタ、炒め物などどんな調理でも美味しく食べられる万能野菜です。

そんなアスパラをより美味しく食べる為には下処理が欠かせません。

そこで今回は、アスパラの下処理方法をご紹介していきます。

合わせてアスパラをレンジで茹でるコツなども一緒に見ていこうと思います。

良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

アスパラの下処理方法

まずはアスパラの基本の下処理から見ていきましょう。順番にご説明します。

  1. アスパラの根本1cmほどを切り落とします。
  2. 表面にある褐色の三角形(ハカマ)をピーラーで取り除きます。
  3. 根元に近いところで皮が固そうな部分もピーラーで剥いておきましょう。

以上で下処理は完成です。簡単そうですが、細いアスパラは皮を取り除くところが結構難しいですよね。

ピーラーでハカマや皮を剥く場合は、まな板の上に寝かせてから行うと、アスパラが折れたり指を切る心配がありません。

このようにすることで、固く食べにくい部分がなくなり柔らかくて美味しいアスパラになります。

この下処理は調理する直前に行うようにしましょう。

【スポンサードリンク】

レンジで簡単に茹でるコツ

通常、アスパラを茹でるときは沸騰させたお湯に入れて数分ゆで上げるのですが、鍋や大量の水、茹でる時間がかかるので面倒な時もありますよね。

そんなときは電子レンジで簡単に茹でてしまいましょう。

茹で方は以下の手順です。

  1. アスパラをしっかり洗う
  2. 上記の方法で下処理を行う
  3. レンジ対応のお皿に入れてラップをします。
  4. 500wで約1分半~2分間レンジにかけます。
  5. レンジから取り出したら、冷めるまで少しの間ラップを取らずに放置します。(余熱でさらに温めます
  6. 冷めたら完成です。

レンジで茹でるときのポイントは以下の2点です。

  • ラップをきっちり閉めずふんわりかける
  • 固そうなハカマが残っていたら茹でて冷ました後に手で引っ張って取り除く

アスパラの太さによってレンジにかける時間は多少変わってきますので様子を見ながらしていきましょう。

最後に

茹で上がったアスパラは、そのまま塩やマヨネーズをかけて食べるだけでも美味しいです。

また、大量に茹でておいて冷凍保存しておくこともおすすめです。

そのときはすぐに使えるように切っておけば、使う時に簡単で便利ですよ。

ぜひ、アスパラ料理の参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役にたてたのなら嬉しいです。

合わせて読みたい調べ物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =