油性マジックの落とし方!服やプラスチックでも消すことはできる!?

油性マジックを使っているとき、間違えて手や着ている服、机やプラスチック製品に付くと大変です!

服などの場合は、ついてしまうと絶望的で泣く泣く廃棄する人もいるかもしれません。

こうした頑固な油性マジックの汚れは諦めるしかないんでしょうか?

基本的に、油性マジックは「簡単には消えない」ものです。

しかし、身近にあるものを上手に利用することで、間違ってついた油性マジックを落としたり、薄くすることができるんです。

今回は油性マジックの落とし方をご紹介します。

服やプラスチックに付いたインクを消すにはどうすればいいのでしょうか?

【スポンサードリンク】

油性マジックの落とし方!

油性マジックの場合は水に溶けないようになっていますので、水で洗ったり水拭きするだけで落ちるということはありません。

だからといって絶対に落とせないというわけではありません。

ここでは、手や顔などの皮膚についた場合と、机やフローリングや壁などについた場合の油性マジックの落とし方をご紹介します。

【皮膚に付いた場合】

皮膚のマジックの付いた場所に以下を塗ると効果的です。

いずれも塗った後少しの間放置し、ティッシュでふき取ると、マジック汚れがきれいにふき取れます。

  • サラダ油やごま油など

油を塗ることでインクが馴染み、拭き取ると消すことができます

  • 日焼け止めクリームやハンドクリーム

日焼け止めクリームやハンドクリームの油分がインクを溶かしてくれます

  • 歯磨き粉

歯磨き粉に含まれる研磨剤が、インクを浮かび上がらせ、拭き取ることができます

  • 口紅

口紅の乳化剤が、油性マジックのインクを溶かしてくれます

  • 重曹

研磨剤成分がインクを浮かび上がらせてくれます

【机やフローリング、壁についた場合】

  • たばこや線香の灰

たばこや線香の灰は、粒子が細かく研磨剤になります。また、灰に含まれる炭酸カリウムがインク汚れを落としてくれます。

塗れた雑巾に灰をつけ、インクがついたところをしっかり擦ります。最後は灰も綺麗にふき取りましょう。

  • ラッカーシンナー

塗料として使われるラッカーシンナーは、油性マジックを落とすのには最適です。インクに直接吹きかけ、雑巾や古布でしっかり拭き取ると簡単に落とすことができます。

臭いが強く引火性があるので、使用中はしっかり換気をし、火を近づけないように注意してください。

【スポンサードリンク】

服やプラスチックについたマジックは消せる?

服に誤ってマジックのインクが付いたり、プラスチック製品に書いた文字を消したいという場合はどうすればいいのでしょうか?

【服など布についた場合】

服や布製品は、完全に消すということは難しそうです。しかし、少しでも薄くすることはできます。

布の場合は、ゴシゴシとこすると汚れが広がる危険性があるので、トントンと叩きながら汚れを吸い取ることが重要です。

  • マニキュアの除光液

マニキュアの除光液を多めにとって、古布でトントンと叩き続けると、インクがにじんで薄くすることができます。

  • 消毒用エタノール

こちらも同じように、消毒用エタノールをたっぷり垂らし、古布を使って叩きながら汚れを取ります。

一度では落ちないかもしれませんが、何度か行うことで汚れは薄くなるはずです。

【プラスシック製品の場合】

こちらも衣服などと同様に、除光液、消毒用エタノールが効果的です。

プラスチック製品の場合は、こういった溶液を垂らし、スチールたわしでゴシゴシとこするときれいに剥がれ落とすことができます。

最後に

お気に入りの服や家具に油性マジックがついてしまうとショックですよね。

ショックを受けないためには、油性マジックを使う時に汚れてはいけないものを近づけないことも重要です。

しかし万が一ついてしまった場合は、諦める前に今日ご紹介した方法を試してみて下さい。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

色々な調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ