腰痛の原因は内蔵に不調があった?を調べてみた

腰痛に悩む人はとても多く、年齢も性別も職業も限定されないので、どのタイミングで自分も腰痛持ちになるかわかりません。

しかも腰痛というのは原因を突き止めるのが難しいのです。

筋肉や骨からくる腰痛もあれば、ストレスによるものもあるくらいです。

さらに怖いのは、内臓疾患が隠れている場合です。

まさか腰痛の原因が内臓にあるなんて想像できなかったと驚くケースもかなり多いようなので、ちょっと調べておきましょう。

【スポンサードリンク】

腰痛の原因を分けてみましょう

色んな原因で起こる腰痛なので、まずは大きなグループに分けてみます。

骨や筋肉の障害によって起こる場合

ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、脊椎間狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性腰椎症などが代表的な原因です。

神経の障害によって起こる場合

坐骨神経痛、帯状疱疹などで神経を刺激することが原因です。

ストレスなどメンタルが要因で起こる場合

うつ病や適応障害など心の健康を乱すことでも腰痛を起こす場合があります。

内臓疾患が原因で起こる場合

胃腸、肝臓、腎臓、大腸、膵臓、子宮、卵巣など内臓に疾患があり腰痛を引き起こすことがあります。

大きく分けると以上の4つのグループに分かれます。

ちょっと腰が痛いけど、湿布で痛みが消える程度のもあれば、何日も何週間もしつこく痛みが続くこともあります。

長く続く腰痛には怖い内臓疾患が隠れている可能性もありますので、整形外科以外の検査も受ける方が安心ではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

腰痛の原因になる内臓の病気とは

腰痛を引き起こす可能性がある内臓の病気として可能性があるものをまとめました。

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃下垂、胃ガン、胃炎

・肝炎、肝臓ガン、肝硬変、胆石、胆のう炎、膵炎、膵臓ガン

・腎盂炎、腎周囲炎、水腎症、尿路結石、腎梗塞、腎下垂

・腹部大動脈瘤、大腸ガン、腸閉塞

・子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮ガン、卵巣ガン、卵管炎、子宮内膜症、月経困難症

以上のような内臓の病気は腰痛を引き起こす可能性があります。

実際になかなか改善されない腰痛から検査を受けて内臓の病気が発見されることも多いので、腰痛の起こる部位や痛み方がいつもの腰痛とは違うかも?と思ったらしっかり検査してみることです。

腰痛の原因を減らすために

ひこことで腰痛と言っても、原因が色々あり過ぎるので自分でも本当の原因がわからなくなると思います。

日常生活では腰に負担をかけることを避けるようにして、腰痛を予防できるよう筋肉を柔軟にするためにストレッチ運動を習慣としていきましょう。

それでも心因的なことや内臓の病気で起こる腰痛は避けることができないかも知れません。

でも、その腰痛は身体に起こっている異常事態を早く知らせようとするサインなので、たかが腰痛と甘く見ないで原因を突き止めるようにしてくださいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

 

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ