灯油をこぼした?車や玄関についた灯油の対処法について

思わず「灯油をこぼした!」
皆さん一度はあるんじゃないでしょうか。

特に車や玄関などは、灯油を満タンに入れて移動しているときにこぼしやすいポイントになると思います。

灯油がこぼれたらあの独特のにおいが取れないし、シミもできてしまうのでなんとかしたいですね。

今回は、灯油をこぼした場合の対処法について調べてみました。

良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

灯油をこぼしたらまずすること

灯油をこぼしてしまった場合の応急処置の方法をお伝えします。

1.不要なタオルや新聞紙などで灯油を吸い取ります。

2.粉の洗濯洗剤をこぼれた場所へふりかけてください。

3.灯油を吸い取らせたら、その粉は掃除機で吸い取ります。

4.雑巾で水拭きします。

こうすることで、においもシミもよく取れます。

ポイントは粉の洗濯洗剤ですが、ない場合は小麦粉でも代用できます。

手についた灯油は、みかんの皮でふき取るとにおいが落ちやすくなります。また、サラダ油などを手になじませることも効果的です。

【スポンサードリンク】

車や玄関についた灯油の対処法

車や玄関はにおいがこもりやすく、なおかつ一番こぼしやすい場所です。こういった場所での応急処置以外の対処法を調べてみました。

1.窓や戸を開けっ放しにして風通しをよくする

2.こぼしたところに毎日消臭スプレーをかける

3.茶がらを撒いて灯油を吸い取らせる

4.重曹を撒いて少しの時間放置しておく

以上のような方法があります。一日ではにおいが取れないので、時間はかかりますが何日か続けると効果があります。

またマットやシートなどの上に灯油がこぼれてしまった場合は、すぐに取り外し、熱湯をかけて洗い流してください。

その後、においがなくなるまで天日干しにしておくとにおいが無くなってきます。

衣服に灯油がついてしまった場合は、そのまま他の洗濯物と一緒に洗濯することは避けてください。

他の衣類に灯油のにおいがうつってしまいます。

まずは日陰に衣類を干し、完全に乾いてから、他の洗濯物と分けて洗濯するようにしましょう。

最後に

灯油は運ぶ時以外にもストーブに給油しているときなんかも必ずこぼしてしまいます。

慌てず落ち着いて給油すればこぼれないんですが・・・

少しだけならふき取って終わりにしますが、多めにこぼしてしまったときはこれらの方法で試してみようと思いました。

手についた灯油のにおいも、みかんの皮やサラダ油でふき取れるなんて驚きです。しかもどれも家ににあるものばかりなのが魅力的ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ