Facebookの足跡【知り合いかも?】の仕組みを徹底解説!

FacebookでSNSライフを楽しんでいる方にとって、ちょっと気になる話題があります。

それはFacebookの足跡機能、そして「知り合いかも?」の機能について。

今まで安心して使ってきた人も、少し注意した方が良いという情報があるので調べてみました。

Facebookの足跡をあまり不特定多数の人に知られたくないと思っている人や、「知り合いかも?」という機能が何をもって選定されているのか疑問に思っている方は良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

Facebookの足跡と【知り合いかも?】の関係性

Facebookでは、日本でおなじみのmixiのような足跡機能がないのが良いところでもあります。

ユーザーを検索して、検索結果のページを訪問しても相手にはバレないので、昔の知り合いとか元恋人、同級生などを探す時にも便利なんです。

足跡が残ってしまうmixiでは、全く人違いの人のページを訪問してしまうこともあるので、メッセージが届いたり、急にマイミク(友達)申請されるなど、面倒なことが起こる可能性があるので、検索する時は注意しなくてはいけません。

しかしFacebookは実名登録している人が多いことから検索しやすく、しかも足跡が残らないので気軽に探せるわけです。

ところが、Facebookを利用している人の中には、検索して訪問した相手側の「知り合いかも?」リストに出てしまうことがあるというウワサもあるのでちょっと心配になってしまいます。

現在のところ、Facebookでは検索しただけで相手側の「知り合いかも?」に表示されることはないと言っています。

しかし自分の「知り合いかも?」のリストに出てくるということは、検索した相手側のリストにも出てくる可能性もあるので、本当に大丈夫なのか懸念も出てきてしまいます。

Facebookの【知り合いかも?】とは

Facebookに登録すると、自分のプロフィールに出身地や出身校などをかなり細かく設定します。

その内容によって情報がリンクする人は「知り合いかも?」に表示される確率が高くなります。

他にも職業、趣味などでも可能性としてはありますが、アドレス帳のインポートが一番確率が高くなります。

使用しているスマートフォンの連絡先をインポートさせると、その中でFacebookを利用している人がいれば「知り合いかも?」リストに出てくるのです。

自分自身の連絡先を登録している知り合いがFacebookを利用している場合は、相手の「知り合いかも?」リストに出てくるのでわざわざ検索する必要がないので便利な機能なんです。

【スポンサードリンク】

Facebookの検索が足跡になるとは

Facebookの中で検索をした結果、相手のページを閲覧しただけで自分のページの「知り合いかも?」に出てくるのは、特に問題になることはありません。

スルーしていればいいだけのことですし、気になるなら削除もできます。

実際に経験したことですが、古い知り合いが結婚して姓が変わったことを知らずに旧姓で検索をしたら、全く無関係の同姓同名の人がリストに表示されるようになりました。

これと同じように検索・訪問した相手にもリスト表示されてしまうのは困ります。

検索をして訪問した結果が相手にわかるのは足跡と同じになっていまいます。

これを確かめるために連絡先などの情報が入っていない端末を使ってFacebookに登録し、検索実験をした人がいます。

実験の結果は、自分の「知り合いかも?」リストには表示されるが、相手側には表示されないということでした。

しかしこれが絶対に100%確実の結果なのかどうかは断言できるものではありません。

Facebookのシステムがどのようになっているか、すべてを解明することは難しいですから。

Facebookで検索する時には、相手側にバレる心配は今のところほとんどないと言ってもいいと思います。

しかし100%ではないことなので、参考程度で考えてください。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

色々な調べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ