魚の臭いを消す方法!部屋や手についた嫌なにおいを簡単に消す裏技♪

家で魚を焼くと部屋中が魚臭くなって、しばらく取れないくて困りますよね。

部屋が臭くなるのも嫌ですが、手につくともっと嫌になってしまいます。

手についた魚の臭いはとっても頑固で、生臭いにおいにうんざりしますね。

部屋や手についた魚のにおいを消す方法はあるのでしょうか?

簡単に消すことのできる裏技をご紹介します!

【スポンサードリンク】

部屋についた魚の臭いを消す方法!

まず、魚の臭いを付けないようにすることが大切になります。

魚の臭いを部屋に残さないための基本的な方法は、

  • 調理中は換気扇を回し、窓を開けておくこと
  • 魚を焼いた魚焼き器やフライパンは放置せずにすぐに洗うこと

です。ちょっとしたことですが、この2点をするのとしないのとでは、臭いの付き方が全然違ってきますので必ず行って下さい。

そして一度部屋についてしまった魚の臭いを消すには、「コーヒーの「お茶の葉」が大活躍してくれます。

魚を焼いた調理器具を洗った後、これらを入れて煮立たせます。少し煮立たせたら火を止め1、2時間放置しておきましょう。

こうすることで、部屋に広がった臭いを消してくれ、さらに調理器具についた魚の臭いも消してくれます。

また、ただコーヒーや茶殻を置いておくだけでも十分に効果があります。お皿に入れて臭いの気になるところへ置いておきましょう。

これらのコーヒーやお茶は一度使ったもので構いません。

捨てるだけのものを有効活用できるのが良いですね。

【スポンサードリンク】

手についた嫌なにおいを消す裏技とは?

魚を扱うとどうしても手に臭いがついてしまいますね。

こういう時は、ハンドソープを使っても中々臭いが落ちてくれません。

手についた魚の臭いにも、お茶ガラがおすすめです。

両手に茶ガラを挟んで、石けんで手を洗うようにこすります。そのあとは普通に水洗いしましょう。

お茶には抜群の消臭効果があるんですね。

また、お酢を手になじませることも消臭に役立ちます

家にある普通のお酢で大丈夫です。少しだけ手にとり、手にこすりつけたら水洗いをしましょう。

 最後に

コーヒーやお茶、酢といった、どの家庭にもある身近なもので魚の臭いを取ることができるなんて驚きです。

しかもとっても簡単にできるものばかりなので、これなら次に焼き魚をする時はもう怖くないですね!

魚の臭いが気になって焼き魚ができないという方は、この方法をぜひ一度試してみて下さい。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ