入院のお見舞い金額の相場とは?身内や会社や友人の例をご紹介!

自分の周辺にいる人が入院した時にお見舞いに行く時に、お見舞い金額の相場について知りたいと思ったことはありませんか?

お見舞いにどんな品物を持っていくのがいいのか迷うことと同じように、金額の相場も知らないことが多いので迷います。

身内の場合、会社の同僚や上司、部下の場合、友人関係の場合とケースによっても入院のお見舞い金額の相場は違うのではないか?

そんな疑問について調べてみることにしました。

身内や会社の人が入院されている方は良かったら参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

入院のお見舞い金額相場【身内のケース】

身内が入院した場合には、急いで病院に駆けつけることもあります。

そんな場合はお見舞金を持っていく必要はありません。

様子を確認して、入院することが分かった場合に後からゆっくりとお見舞いに行きましょう。

これは身内以外の人の場合でも同じです。

身内と言っても、親や兄弟、子供など近い親族の場合と、そうでない場合では多少の違いはありますが、親族のお見舞金額の相場は1万円が目安です。

地域によって、またその親族間の慣例によって臨機応変にしましょう。

入院のお見舞い金額相場【会社のケース】

会社での付き合いがある人が入院した場合のお見舞い金額の相場は3000円くらいが平均的な金額です。

これは上司、同僚、部下でも同様にしても良いのですが、会社だけの付き合いではなく、個人的にとても親しく付き合っている同僚や、お世話になっている上司の場合はお見舞い金にお見舞いの品を添えることで気持ちを表すこともあります。

上司でも部下でも、同僚でもお見舞いのマナーとしては、本人の他に家族が付き添っていることも考えて、突然のお見舞いは避けるようにしましょう。

会社の人と複数でお見舞いに行くのも病室によっては相部屋の人に迷惑になることもあるので、多くても3人くらいまでが良いと思います。

【スポンサードリンク】

入院のお見舞い金額相場【友人のケース】

友人関係にある人のお見舞い金額相場は5000円が妥当です。

ただし、これはお付き合いの関係性によって臨機応変にする必要があります。

そしてどんなに親しい友達でも、お見舞いに行く時のマナーは守りましょう。

病気やケガの具合によっては面会することも疲れてしまう場合もあるので、長々と居座らないように30分以内で失礼しましょう。

お見舞いの品はどんなものが良いの?

お見舞い金は一度だけなので、何度かお見舞いに行くことがあるとお見舞いの品物を持参することもあると思います。

その場合にはどんなものを選ぶのが良いのでしょうか。

一般的には生花を持っていく人が多いと思いますが、お菓子などを持参する人もいますよね。

しかし食べ物をお見舞いに持っていくのはNGになることもあるので、事前によく確認する必要があります。

好きなものを何でも食べてOKな場合はとくに気にすることもありませんが、食べ物が治療の妨げになることもあるので注意しましょう。

入院生活は退屈な時間が続くことをツラく感じる方も多いので、読み物やパズルなど病室で時間を過ごす時の気晴らしになるようなものならイイと思います。

お見舞いに行く時のマナーの一つ、お見舞金の相場について参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ