水は賞味期限切れても飲める?開封後と未開封の違い

スーパーで安い時にまとめ買いしていたペットボトルの水。

そのまま放っておいて、気が付けば賞味期限が切れていたということがよくあります。

生ものや食品は賞味期限が切れると危険なので処分しますが、水の場合はどうなんでしょうか?

蓋を開けた開封後のものと、未開封状態のものでは違いがあるのでしょうか?

今回は、水が賞味期限切れでも飲めるのかどうか調べてみました。

良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

水の賞味期限切れは飲んでも大丈夫?

ペットボトルに表示されている賞味期限は、未開封の場合、多少であれば切れても安全に飲むことができます

ペットボトルの水の賞味期限は2年~5年ほどの期間が一般的です。

この賞味期限は、比較的短かめに設定されています。ですので実際はもう少し長く見ても大丈夫です。

ペットボトルの水は腐らない

水は、以下の状態になっていれば腐ることはありません。

 

・微生物がいない状態

・十分な酸素がある状態

 

水が腐るという状態は、水の中にあるミネラルを、微生物が分解し有害な味やにおいを発生させることです。

高温に加熱した水や蒸留水は微生物がいないので腐りません。

また、水は十分な酸素があれば、二酸化炭素を発生する過程で、変なにおいや味なることはありません。

川や海の水が腐らないのは酸素があるからなんですね。

 

ペットボトルの水が腐らないのは、

・日本産の水は十分に雑菌されている

・ペットボトルに酸素を通す性質がある

ということから、腐らないようになっています。

【スポンサードリンク】

水の味が悪くなる

このように、ペットボトルの水は腐りませんが、長期間置いておくと、味が変化してしまいます。

上あるように、ペットボトルには酸素を通す性質があります。

これはわずかなものなのですが、周りに置いてあるものの臭いが移ってしまうことがあるんです。

水ですので、少しの臭いでも飲むと気になりますよね。

こうしたことから、長期間の保存は向いていません。

ペットボトルの水の長期保存は、品質事態の安全性は問題ありませんが、味が悪くなることがあります。

開封後と未開封の違い

ここまでご説明した内容は、未開封のものに限ります。

開封した後のものは、この条件は全く関係なくなります。

開封すると、雑菌が入り込みますので、一気に腐りやすくなります。

ですので、開封後の水は一日でも早く飲み切るようにしましょう。

どうしても残ってしまう場合は、高温で沸かすなどして工夫して飲むことをおすすめします。

最後に

ペットボトルの水にある賞味期限は、品質というより味の劣化が目安のようです。

確かに、放置していた水を飲むと少し臭くなっていることがありますよね。

なるべくなら美味しい状態で飲みたいので、やはり賞味期限はある程度目安にして、切れているようなら飲用しないほうが無難だと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ