枕の洗い方!洗濯機で羽毛枕を洗う時の注意点

枕は毎日使うものだから清潔にしておきたいですよね。

でも枕はなぜか布団やシーツと比べて忘れてしまいがちです。ちょっと面倒なイメージもあり、後回しになってしまうことも。

そうなる前に枕の洗い方を確認していきましょう。

洗濯機で羽毛枕を洗う時の注意点もご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

枕の洗い方の基本

枕は頭部や顔、髪の毛が当たる場所ですので、髪の毛が濡れていたり、汗で湿気がこもりやすくなってきます。頭は皮脂分泌も多く、放っておくと枕に嫌な臭いやシミがついてしまいます。

そうなる前にできるだけコマメに洗うようにしましょう。

まず枕カバーは毎日か、2日に1回は洗濯します。

そして枕本体ですが、まずは枕の素材を確認し、洗濯機で洗えるものは洗うようにしましょう。

  • パルプ
  • コルマ
  • ポリエステルわた(洗えるものと洗えないものあり)
  • ビーズ(洗えるものと洗えないものあり)

以上の素材は洗うことができます。洗えない素材は以下の素材になります。

  • 羽根
  • 低反発ウレタン
  • そばから
  • ひのき

洗濯機での洗い方は以下の手順

  1. 枕カバーを取り外し、洗濯用ネットに入れる
  2. 洗濯機へ入れて中性洗剤を入れる
  3. 手洗いモード又はドライコースを選択して洗う
  4. 洗い終わったら取り出し、枕の中の素材を均一にするため、何度か手で叩く
  5. 専用ハンガーや2本のポールに乗せてしっかりと天日干しする(天日干し不可の場合は陰干し)

晴れた日に行って、しっかりと長時間乾かしましょう。厚みがありますので中まで乾かないと、さらに臭いが発生することがあります。

素材にもよりますが、最低でも月に1度は洗うことが望ましいです。

手洗いの場合は、お湯を張ったバケツや浴槽に枕本体、中性洗剤を入れて手でしっかり揉み洗いします。

水を変え、洗剤が抜けるまでしっかりと洗って脱水し、乾かします。

【スポンサードリンク】

羽毛枕を洗濯機で洗う時の注意点

羽毛枕は基本的に洗濯機での洗濯はできません。

基本的なメンテナンスは週に一度程度、風通しの良い場所で陰干しすることです。

しかしどうしてもシミや臭いが気になった場合は、以下の点に気を付けながら水洗いをすることができます。

  • 生地が破れないように優しく洗う
  • 脱水だけ洗濯機を使用する。必ず洗濯用ネットを使用すること
  • 日陰で数日間、しっかり乾燥させる
  • 干している間は定期的に枕を振って、中の羽根に風を通す

とても羽根はとても繊細な素材ですので、十分注意しながら洗濯しましょう。

最後に

枕がにおったり汚れていると、睡眠にも支障が出てしまいます。

きれいなお手入れを心がけて清潔な枕で安眠しましょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てればうれしいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ