米のとぎ汁で洗顔の効果抜群!大根や掃除にも使える活用法について

米のとぎ汁を捨ててしまっていませんか?

一回お米をとぐだけでもかなりの量が出ますよね。これをそのまま捨てるのはもったいないです。

実は米のとぎ汁は昔から色々な場面で活用をされてきました。今回は米のとぎ汁の効果と様々な活用法をお伝えします。

米のとぎ汁で洗顔をしたり、大根や掃除にも使えるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

米のとぎ汁で洗顔しよう!効果は抜群

お米のとぎ汁には美容成分がたくさん含まれています

ニキビ予防にいいビタミンB群、肌の保湿を助けてくれるセラミド、肌の若々しさを保つビタミンE・ミネラルなど、肌に最適効果がある成分ばかりです。

栄養がたっぷり含まれているお米は、その成分の一部が炊く前に洗ったときに流れ落ちてしまっています。ですので米のとぎ汁には、こうしたたくさんの美容成分が含まれているということになります。

また米のとぎ汁は「微粒子」の集りなので、洗顔をすることで肌に優しい刺激を与えて、古い角質だけ取ってくれます。

その結果、美白効果も期待できてしまいます。

洗顔のやり方は簡単です。

お米のとぎ汁を水で薄めて、顔を洗うだけです。洗顔をする時は、お米のとぎ汁は1.5倍~2倍の水で薄めてから使用しましょう。また、一回目のとぎ汁の方が成分もたっぷり含まれているので、汚れが気にならなければこれを使うと効果的です。

【スポンサードリンク】

大根や掃除、その他様々な活用法

他にも様々な活用法があるのでご紹介します。

・大根を米のとぎ汁で煮る・・・おでんや煮物として大根を使う際に、下処理として米のとぎ汁で大根を煮ます。

こうすることで味が染み込みやすくなったり、大根の苦みがとれるなど、美味しく出来上がります。

・フローリングの拭き掃除・・・米のとぎ汁には「オリザオイル」という成分が含まれています。とぎ汁で拭き掃除をすると、この成分の効果でフローリングにツヤが出て、フローリングワックスのような保護剤の役割を果たしてくれます。

・お風呂に入れる・・・お風呂に米のとぎ汁を入れて入ることで、洗顔と同様に美容成分の効果で、肌が綺麗になります。

・植物の水やりに・・・栄養成分がしっかり含まれた米のとぎ汁は、植物にあげることで元気になります。

最後に

米のとぎ汁の活用範囲の広さに驚きました。色々な場面で使えるので、これまでとぎ汁を捨てていた方はぜひ活用してみて下さい。

しかし、米のとぎ汁も有機物ですので長時間放置したものは使用を避けて下さい。その日のうちに使い切る方が良さそうです。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ