マイナスドライバーを使った自転車の鍵の壊し方!子供でも簡単にはずせる方法は?

今回は自転車の鍵をなくしてしまい、スペアキーも見つからない。

なおかつそのなくした場所が自宅ではなく、出先。帰りはどうしたら良いのか…。

壊さないと乗って帰れない。まさに非常事態ですよね。

そんな時にどこのお宅にもあり、手軽に100円ショップなどでも手に入るマイナスドライバーを使用して、主に一般的な前輪についているものや馬蹄錠タイプの鍵のついた自転車の鍵を壊して開ける方法についてまとめたいと思います。

【スポンサードリンク】

マイナスドライバーを用意しましょう

出先に居てそんなの持ってない…と思うかもしれませんが100円ショップなどでお安く手軽に手にはいる商品ですので大丈夫です。

出来れば鍵穴に入るくらいの太さのものがベストです。ここに入らない限りは鍵を壊す作業が出来ません。

鍵穴にドライバーを突っ込んで思いっきり外側に引っ張る感じで力を加えましょう。力加減としては「ドライバーが曲がって折れるくらい」のものでお願いします。

たいていはこの方法で壊れて中が開きます。表面の鉄板をはがした状態になりました。鍵の中枢がむき出しになっているはずです。

中の構造を見ながら適当に動かしましょう。「カチッ!」と鍵が開きます。これで壊すことが出来ました。

それでも開きづらい…という場合には逆に内側に回してひっぱりましょう。

自転車の鍵を壊す時の注意点

鍵を壊すという行為を行う時には気を付けなければならない点がいくつかあります。

まず、自転車が防犯登録してあることを確認しておきましょう。出先で自転車の鍵を壊しているのを「盗んでいる」と捉えられて通報されしまう恐れがあるからです。防犯登録がない場合にはどんなに自分のものだと説明しても、信じてもらえないケースもあります。

マイナスドライバーなどで無事に?壊すことが出来た後には残った部品を取り去り、新しい鍵になるべく早めに交換しましょう。

鍵の壊れた自転車を運転しているとお巡りさんに職務質問を受けることになりかねません。

【スポンサードリンク】

子供でも簡単にはずせるのでしょうか?

小学生や中学生のお子さんには自分で自転車の鍵を壊して乗るということは正直言ってオススメできません。

子供が自転車の鍵のトラブルでこまった時にはまず、保護者に連絡をしましょう。その後に親御さんに自転車を運んでもらうなり、相談して決めることです。

それでも子どもが自分で解決したいという場合にはここでは、交番のおまわりさんに相談する、自転車店に持って行くというふたつのやり方が「子供でも簡単に鍵をはずす方法」と言えるでしょう。

交番のおまわりさんにお願いする場合もやはり「防犯登録してある自転車であること」が早く問題を解決してもらう手助けになります。

万が一防犯登録をしていない場合には、身分証明(学生証や健康保険証や住民票)などを持参して自分の自転車だと証明できた後に、警察官が鍵を壊してくれるでしょう。

自転車店に持ち込んで鍵を壊してもらい、新しい鍵を取り付ける場合の料金はそのお店によって違いがあるようですが、1000~2500円くらいが相場だそうです。

子供だけで無理をして鍵を壊して、手や指をケガをしないように気を付けましょう。

まとめ

マイナスドライバーを使って前輪鍵や馬蹄錠が案外簡単に壊せることはおわかりいただけましたでしょうか?

しかし、自転車の鍵を壊す作業というものは気軽に行わず、注意が必要です。もちろん鍵を無くさないことが一番なのですが人間なかなかそうもいかないものですよね。そんな時この記事を思い出していただけると嬉しいです。

最後に、基本の自転車の防犯登録はくれぐれもお忘れのないようにお願いします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ