電子レンジのオーブン機能でアルミホイルは危険?火花には要注意!

電子レンジにアルミホイルを入れると火花が散りますよね。

でもついうっかり、お弁当箱の中に入っているのを忘れたまま回してしまうということもあるかもしれません。

それでは、電子レンジについているオーブン機能の場合はどうなんでしょうか?

同様に火花が出る危険性があるのでしょうか。

今回は、電子レンジのオーブン機能でアルミホイルが危険なのか調べてみました。

良かったら参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

電子レンジでのアルミホイルの使用は危険

電子レンジはマイクロ波(電磁波の一種)を発射し、食品中の水分を振動させることで発生する摩擦熱により、食品を温めます。

このマイクロ波は金属に反射しやすいことから火花が出やすくなります。同様にスチールウール、突起部が多い金属製食器、金属装飾が施された食器を使用した場合も、その可能性が高くなります。

無理に使い続けると電子レンジの故障の原因になったり、火花が食品に引火して、火災の原因になることもあります。

危険ですのでアルミホイルや金属製品は入れないように注意してください。

【スポンサードリンク】

電子レンジとオーブンレンジの違い

電子レンジ:電波で料理を加熱して調理します。電磁波がアルミホイルに電流を流すので、火花が飛ぶ危険性があります。

オーブン:ヒーター熱で内部全体を加熱して調理します。直接食品を暖める為、電流などは発生せずにアルミホイルを熱することができます。

オーブンレンジ:オーブンの機能と電子レンジの機能が両方使えるもの

となります。

電子レンジについているオーブン機能とは、オーブンレンジのことになります。

電子レンジのオーブン機能でアルミホイルは危険?

オーブンレンジのオーブン機能であれば、アルミホイルは問題なく使用できます

反対に、オーブンレンジの電子レンジ機能はアルミホイルを使用しない方がいいということになります。

この場合は、通常の電子レンジと同じなので、アルミホイルを入れると火花が出る危険があり要注意です。

オーブンレンジのどちらの機能を使うかによって変わるので、アルミホイルを使う際は注意してください。

最後に

電子レンジのオーブン機能ではアルミホイル使用できるので一安心です。

やはり電子レンジの場合はアルミホイルは使わないほうが良さそうです。

どうしても使用したい場合は、アルミホイルが尖った状態にならないようにして覆うと、電流が流れず火花が飛ばないみたいです。うまく工夫しながら注意して使用しましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ